格安SIMの賢い選び方

スマモバなど格安SIMの詳細

最近は少しでも携帯電話を安く使いたいので、スマモバなど格安SIMを使う人もかなり増えてきました。

しかしいろんな会社があるのでどこを選べばいいか迷う人もいることでしょう。

特徴をしっかり把握してじっくり比較することが大事です。

スマモバのプランについて

格安SIMには、音声通話SIMとデータ専用SIMがあるので、自分はどちらが必要なのかを考えて選ぶといいでしょう。

音声通話SIMとは、簡単に説明をすると090や080などの電話番号で通話できるプランです。

電話を良くかける人はこの音声通話SIMを選ぶといいでしょう。

データ専用SIMでもIP電話などを利用することができますが、今まで使っていた電話番号は使えなくなるので注意が必要です。

今まで使っていた電話番号を使う場合は音声通話プランに申込み、さらにAPNのシステムを利用することになります。

データ専用SIMでも音声通話プランをオプションで付けられるプランもあります。

かなりリーズナブルな料金プランなので利用しやすいです。

通信費をとにかく安く抑えたいという人は、データ専用の格安SIMを選ぶといいですが、データ専用に加えてIP電話を使うとかなり安く利用できます。

会社によってはIP電話サービスが無料で利用できる所もあるのでお得に利用できます。

どこのキャリアかによって対応方法が異なる

格安SIMを中古端末で利用する場合は、どこのキャリアの端末なのかを知っておくといいでしょう。

中古端末がドコモの場合は、auのSIMだとSIMロックを解除する必要があります。

それだけでなくメールの利用にも制限があるので思うように動かなくなることがあります。

どの中古端末を利用するかで格安SIMを選ぶことがとても重要になってきます。

ほとんどがドコモの通信網を利用しているので、ドコモの中古端末ならSIMロックが解除されていなくても簡単に使えます。

データ量で選ぶことも大事です。

データ量は1GB以下のプランから、1GBを超えるプランまでいろいろあるので、自分がどのくらいインターネットをするかを確認しておくといいでしょう。

動画を頻繁に視聴するならデータ量が多いプランを選び、メールやLINEをする程度ならデータ量が少ないプランを選ぶといいでしょう。

自宅にWi-Fiの設備があったり、スマモバなどの外出先で使うポケットWi-Fiを持っているならば、データ量が少ないプランを選ぶといいですが、Wi-Fiの設備が一切ないという場合は、通信量無制限のプランを選ぶと後で後悔せずにすみます。