富士学院で行政書士の資格は取れる?

Posted onCategories未分類

行政書士は、公的な書類を広く作成するという業務を担っています。
では、具体的には、どのような書類を作成してくれるのでしょうか。

まず、国家の各省庁、都道府県庁、市役所や区役所、町・村役場、警察署などの官公署に提出するための様々な書類の代理作成を行っています。
また、どの書類はどこに提出すればいいのか、どのような項目が必要になるのかなどの相談や、実際の提出手続きなども行っています。
しかし、これらの書類に関しては、行政書士以外の専門家が行うべきものなども含まれ、それら法律で制限されているものに関しては、行政書士が代理手続きをすることはできません。

次に、権利や義務に関する書類の作成や相談、代理手続きがあります。
これは、身近なところでは遺産相続に関する書類や、贈与・売買に関する書類、賃貸借契約に関する書類などが含まれます。
他にも、念書や示談書、告発書など、様々な権利義務関係の書類の作成を担っています。
これらは自分で作成することもできますが、書類の形式が決まっていたり、非常に難解であったりしますから、行政書士に依頼することで、正確にきちんとしたものを作成することができるようになります。

最後に、事実証明に関する書類の作成があります。
これは、個人の人にはあまりなじみがないかもしれませんが、会社などの議事録や会計帳簿、実地調査に基づく図面類などがあげられます。
これらの代理作成や作製相談にも乗ってくれるのです。

行政書士の仕事として、もっともわかりやすく、一般に浸透しているのが、最初の官公署への書類の代理作成や代理手続きだと思います。
しかし、最近では、終活などという言葉もでき、特別富裕な一部の人以外の間でも、遺言書を作成したりする機会も増えています。
また、離婚トラブルなどで、告発書などを作成する機会などがある方もいるかもしれません。
そんな時、行政書士は書類のプロとして、きっと難しい書類の作成の力になってくれることでしょう。

個人相手の行政書士の仕事

行政書士の仕事内容の中には、普通の一個人であってもとても役だつ、便利なものがたくさんあります。
どんなことを依頼できるのかを知っておけば、いざその手続きが必要になった時に、慌てなくても済みますね。

まず、車庫証明の取得があります。
車庫証明は、一般の人でもそれほど難しくなく取ることができる書類ではありますが、平日の警察署に何度も出向く必要があるなど、会社員にとってはなかなか難しい部分もあるのが現実です。
その他、車の名義変更などの書類も、行政書士に作成を依頼することができます。
車のディーラーなどが、行政書士と提携していて、大量の仕事を回す、などということもあるようです。

また、海外の方にとっては、就労ビザなどの問題は非常に重要なことですが、言葉の問題があったり、条件が複雑であったりして、うっかり切れてしまう、ということもあるようです。
行政書士に入管・国際業務を依頼することで、そういった心配がなくなり、安心して滞在することができるようになりますね。

また、個人間の各種のトラブルの解決や、それらを未然に防ぐという役割も行政書士は担っています。
例えば、交通事故の調査や保険金手続きなども、行政書士に依頼することで、プロの目できちんとした手続を踏むことができるようになります。

遺言などに関しても同様で、法的に効力のある遺言書を作成することや、その相談、執行手続きまで、行政書士が故人や遺族の助けになってくれます。
特に遺産分配は、巨額になることもあり、トラブルの元になりがちなので、プロに頼むというのは良い手なのではないでしょうか。

もし、これらのことや、それ以外に関することで、誰かとトラブルが起こってしまった時、そういった場合にも、行政書士の仕事が関わってきます。
トラブルが起きたときに最初にするのが、相手方へのこちらの言い分の通知ですよね。
そういった書類は、内容証明という特別な郵便で送られます。
この内容証明の作成業務も、行政書士の大切な仕事のうちのひとつなのです。
また、トラブルが起こらないよう、事前にきちんとした契約書を結ぶ手伝いも行政書士が行っています。

 

 

[広告] 富士学院