転職は不利なのか

Posted onCategories未分類

一般的に、転職は不利であると言われています。

20代の転職は、転職先に「長続きしない社員である」と思われてしまいかねませんし、40代、50代の転職は、新たな職種に飛びこむことはまず不可能だし、キャリアダウンするのが当たり前、という風潮ですよね。

30代であっても、転職というのは、現在の仕事に我慢が出来ない時の最終手段であって、キャリアアップのため、というのは現実的でないとされがちです。

しかし、それは本当なのでしょうか。

もちろん、一部上場企業でそれなりの地位にいる人などは、なんの伝手もなくさらに上を目指すというのは難しいかもしれません。

しかし、一般的な中小企業などに勤めている人にとっては、キャリアアップのための転職は決して夢ではありません。

そのためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

個人的な転職活動では、やはりみられる求人にも限りがありますし、面接にこぎつけるだけでも一苦労です。

そのうえ、もとの仕事を辞めずに探す転職の場合、入社時期等でもめることもあります。

その点、転職エージェントであれば、それまでの実績と信頼がありますから、企業側も面接をしてくれやすくなりますし、豊富な求人の中から、キャリアアップにつながる情報を教えてもらうこともできます。

もちろん、入社時期のやりとりも間に転職エージェントをはさむことでスムーズになるのです。

キャリアップの転職がしたい、という人は、まず転職エージェントに登録して、求職情報を検索してみることをお勧めします。

転職エージェントと言っても様々ですので、まずは転職エージェント評判をインターネットでチェックしましょう。

今の仕事をしたまま探すことができますから、もし、よりよい条件のところが見つかったら転職、見つからなければ現職を続けてのんびり探すということだってできます。

転職エージェントの力をかりれば、20代、30代、40代、50代、どの年代であっても、キャリアアップの転職は十分狙えることなのです。

どうせだめだ、と思わず、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。