有名なこくみん共済にデメリットはあるのか

人気の保険としてこくみん共済がありますが、加入している人が多い反面、本当に利用すべきなのか悩んでいる人も多いことでしょう。

メリットばかりを取り上げている情報よりも、デメリットについても解説しえいる情報にも耳を傾けることで、こくみん共済が本当に将来のためによい存在になってくるのか、わかってくるはずです。

そこで、あえてデメリットについて確認してみましょう。

■保障額が少ない

こくみん共済が残念な部分として、保障額の少なさがあげられます。

保障額が少ないと、必要としたときに適用される金額が少ないため不満が出そうです。

最も保障額が高いタイプの内容でも、3000万円が上限になっています。

これは死亡したときは、高度障害保障が適用されるパターンの最高額です。

家庭を支える大黒柱に万一のことがあったとしても、3000万円では家族の生活が苦しくなる心配があります。

■掛け金が少ないのはメリット

保障額の少なさがデメリットではあるものの、一方で掛け金が少ない恩恵が得られます。

月々の支払い負担が減りますから、その分をまた違った分野の保険に利用したり、貯金などを駆使すれば、掛け金が高い他社の保険よりも良い結果をもたらす可能性が十分にあります。

■割高なため若いうちはあまり恩恵がない

若い人が加入するには、やや割高な面がデメリットです。

この共済は年齢や性別に関係なく、掛け金が決まっています。

一般的な保険だと年齢が若いほど掛け金が安くなる傾向が強いですので、あまり若いうちから加入しても恩恵が得られないでしょう。

将来が気になる年齢になった頃に加入するのが望ましいといえます。

■総合タイプのデメリット

総合タイプに加入することで、60歳を超えても引き続き加入できる権利が得られます。

しかし、満60歳までのときとは保障内容が変わってくるため気を付けなければなりません。

60歳を超えると交通事故に関連する脂肪や重度障害になった場合に20万円~300万円しか保障されません。

満60歳までであれば最大1200万円ですので、その差は歴然です。

高齢になるほど入院する確率が高まりますが、入院保障の保障額も下がってしまいますから、物足りなさがあるでしょう。

■他の保険でカバーする必要があるかも・・

60歳を超える年齢が気になる頃に合わせて、別の対策を行うことが大切です。

一般の保険にはセーフティネットが存在しますが、こくみん共済にはこれがないため、破綻するとせっかくのお金が返ってこないリスクがあります。

リスクを考えた上で、利用を検討する必要があるでしょう。

デメリットを考えれば、こくみん共済を利用しつつも、他の手段でカバーしていくのが利用のコツです。

(参考:こくみん共済保険