家庭教師のメリット

Posted onCategories未分類

家庭教師を生徒側、教師側双方のメリットをお話ししていきたいと思います。

まず、生徒側ですが、当然ながら個別指導になりますので、理解の程度によって進むスピードや重点的に深めたい部分を個人に合わせられることがあります。

塾などは、他生徒も一緒に学習するので、個人個人にこれらを合わせることは難しいので、理解しないまま先に進むといったことが起こりかねません。

また、個別であれば、大勢の前で質問が出来ない生徒にとって抵抗なく質問が出来るといったこともあります。

更に、塾の行き帰りの安全面が心配なところも自宅に教師が訪問するので心配ないですし、勉強したくないからと塾に行くフリといったようなサボることも出来ません。

次に、教師側のメリットの一番は、時給です。

相場としては1500円以上が多く、受け持つ生徒の学年や教師側の出身校(学歴)等で変わってくるようです。

また、交通費も支給されます。

高時給なので、効率的に稼げます。

次に、得意分野の指導を選択できますし、教師のレベルや希望にあわせに合ったニーズを持つ生徒に派遣されます。

日時も、家庭とのやりとりなので、都合が着かないときは家庭と相談の上変更可能です。

採用に関しては、学力テストや面接が行われますが大学在学中、或いは卒業していて指導者としてある程度認められる人材であれば、家庭教師会社によってではありますが就業出来ることが多いです。

生徒に与える課題は、会社に依頼して使用出来るし、必要な教材費は家庭から貰えるので教師が自腹の出費は基本的にありません。

また、こういった指導の経験は、学校や塾教師を目指す者にとって就職に有利になりますし、自身の指導レベルの強化にもつながります。

前述したように、家庭教師は生徒側も教師側もメリットは多いのですが、注意しなければならないこともあります。

親の目の届くリビング等での学習よりも、生徒の部屋で行われることが多いので、しっかり指導しているのか、一緒にゲームをしてしまったり、不純な行為を教師がしていないかということは心配になってきます。

そういったことがないよう、親も学習中に覗いてみることをお勧めします。

お茶や菓子を差し入れするようにすると不自然なくて良いでしょう。

また、生徒の成績が上がっているのか、上がっていなければ、教師と生徒の相性や学習の様子を教師と生徒双方に確認しながら、担当を同一者で進めるのか検討するなどして、より効果的に学力が上がるよう、親がしっかりと確認しながら進めましょう。

 

出典:家庭教師のゴール バイト